臨時休業・お知らせ


▪︎遠方よりお越しの際はご連絡下さい。

九州へ

20180606134018d98.jpeg
陶芸の先生のお家に行ってきました。
自分が使っている器がどんな場所で生まれているのかと、
ワクワクでした。
段々畑と、お茶畑に囲まれて、思った通り!素敵な場所でした〜。

2018060613401716c.jpeg
登り窯!初めて間近で見ました。
高温の火の色はとても綺麗だそうです。
見てみたかったなあ。。。

仕上がったものを、展示会で拝見できることが今から楽しみです。

20180606134019e3b.jpeg
登り窯の煙突が見えます。
新緑の季節、いい休日でした。
生活の中にお気に入りの器があるという事や、
使い心地の良い器を毎日使ってご飯をいただいている事に、
先生の工房を訪ねて改めて幸せに感じました。

素敵な器の展示会は東京展が、
東京神保町の文房堂ギャラリーにて、6/17(日曜日)〜23日(土曜日)まで。
ご興味のある方は是非お出かけ下さいね〜!

20180606134021c09.jpeg
そして、少し足を伸ばして鹿児島県のしょうぶ学園へ行ってきました。
物を作るという、根本的な事を改めて考えさせられました。

20180606140317552.jpeg
運営する、という事には大変なご苦労があると思いましたが、
居心地が良い時間を過ごせて、元気と笑顔になってしまう場所でした。

一緒に行ってくれた友人に感謝して。

2018.06.06 | 未分類

きのこに会いにいきましょう!

20180215133426618.jpeg

京都駅美術館「えき」で来月3月8日から開催される菌類画の世界。
お近くの方は是非ご覧ください!

先生の描いた菌類画は約900点、一部すでに英国キュー王立植物園に収蔵され、
最終的には全作品が寄贈される予定だそうです。
この展示会では菌類画、原画150点が展示されます。
貴重な機会に是非お出かけください!

これを見たらあなたもキノコ愛に目覚めるかもしれません。。。
キノコ帽子も是非被ってくださいね。
私も原画を見たいし、きのこグッズが欲しいです。。。
行っちゃおうかな、京都。

2018.02.15 | 未分類

2018年 あけましておめでとうございます

20180102113136737.jpeg
2018年になりました。
あけましておめでとうございます!
晴天に恵まれたお正月で、
気持ちのいい年明けですね。
今年は1月5日から通常営業です。

20180102113210eb4.jpeg
お正月に出す酒器も楽しみの1つです。
私は右下のお猪口でいただきました。

20180102113205ea8.jpeg
こちらは冷酒!
日本酒は透明のものも美味しいのですが、
樽の色だったり、白濁しているものが好みです。
シュワっとしているのも良いですねーー。
今年は伯楽星というお酒をいただきましたよ。
美味しくお酒を飲める事も、ありがたい事です。

今年も健康第一で、毎日精進していきたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。

2018.01.02 | 未分類

お出かけ〜千駄木

201712111939347c2.jpeg
少し前の日曜日にお出かけしました。
千駄木にあるパン屋さんに友人の作ったリースが置いてあります。
パン屋さんの前にステキなリースが!

201712111936319f2.jpeg
パン屋さんは夕方行ったらもうショーケースに何も無い!
取り置きしておいてもらって良かったです。
美味しかったです。
夏限定のカレーパン、
スパイスがオリジナルの調合をしてもらったらしくて
来年絶対購入したいです。

201712111936321b5.jpeg
そしてパン屋さんプラス花屋さんもあるのです。
花屋さんにも時々お世話になっているのですが、
送った方達が喜んでくれるので、私も嬉しいです。
今回も急なお願いに対応していただいて助かりました!
リースの友人にもいつもギリギリでオーダーを出すので
申し訳ないです。
ありがとうございました!

店内も手作りの感じが出ていて格好良かったですよ。
この街の雰囲気にもピッタリでした。
谷根千お散歩に行った際には寄りたい店が増えました。

2017.12.11 | 未分類

4・5階 アトリエand スタジオ

20170706141610fd7.jpg
かまた帽子工房が入っているビルの4階、5階、リフォームが終わりました。
4階のアトリエ、革と時計の作家さんに許可を頂いて写真を撮らせて頂きました。
すっごく素敵でした〜!
こちらの机は大工さんにオーダーしたもの。
作業台になるようにサイズ、高さを注文して作って頂いたそうです。
脚も「ハ」の形になっていて作業する際の揺れに強くなるそうです。
他にもこの机だけでも色々と工夫がしてあってさすが。
こちらの大工さんには帽子工房も作ってもらっているのですよー。

2017070614161147e.jpg
アトリエ部分から見ると光が射し込む廊下が見えます。
5階は今の時点ではヨガの先生が入ってスタジオになる予定です。
私も体のメンテナンスに仕事帰りに通えそうで今から楽しみです。

このアトリエとスタジオは秋から徐々にワークショップやプログラムを
作ってくれるそうなので、私も参加したらまたご報告します!

20170706141613c45.jpg
窓際にサイドテーブルもあります〜。

20170706141613fc0.jpg
ちょっとした棚も丸く削ってあったり、腕だけではなく、
心遣いの大工さんです。

工事の詳細は大工さんのFacebook「つくり家工務店」でも検索して
見られますので、ご興味ある方はご覧くださいね!

2017.07.06 | 未分類

仕事展

2017031612065546b.jpg
二つの展示会を見に行ったのですが、
両方とも仕事展でした。

花森安治さんと、エルメス、です。
花森さは暮らしの手帳という雑誌の創刊者の方で、
朝の連続ドラマにもなりましたよね。
素敵な表紙を数々デザインされているのですが、
一度原画を見たかった。。。素敵でした。
印刷されたものも素晴らしいですが、
画材によって変わる色や立体感が、実物は違います。
印刷したものも一緒に飾ってあるのでどのくらい違うかも
見ることができました。
こちらは4/9まで、世田谷美術館です。

20170316120652b42.jpg
エルメスの手仕事展は3/19まで表参道ヒルズです。
エルメスの商品を作っている職人さんが来日されていて
それぞれのブースで実演してくださっています。
どこもすごい人!!
写真は全部エルメス展のものなのですが、
この、ショーウィンドウ、凄かった‥‥。
本当に。全部、紙です。
ハンマーも、カバンも、紙です。
この、チェストも紙です。

20170316120654ff7.jpg
手袋の切り出したものです。
親指の所、こういう型になっているのですね〜。

20170316120655c97.jpg
職人さん達が使っている道具なども間近で見たかったのですが、
人が多くて、近寄れませんでした。残念。
最近指貫を無くしてしまって、個人的には
ネクタイ職人さんが使っていた指貫を試してみたかったです。

お近くにいらしたら興味のある方はオススメです。
無料とは思えない見応えのある展示になっていました。

2017.03.16 | 未分類

2017年


20170108014453b83.jpg

あけましておめでとうございます!!

2017年、始まりました。
本年も宜しくお願い致します!

遅くなってしまいました。
年始、風邪をひきました。
でも、ゆっくり休めて、何か出た感じで、
とっても良いと思っています。

年末年始は食べたり飲んだりですが、
今年は少し控えめになりました。
ただ、この年末年始も人には沢山会うことができました。
その人たちから色々と受け取る言葉があり、
一年の締めくくり、始まりと、充実しました。

年末年始は心も身体も、工房も家も、
綺麗に掃除できたような気がしています。

今年はどのような年になりますか、
今からワクワクです。
やっと身体は本調子にもどりそうです。
気合も入りつつ、お仕事元気にさせてもらいます!

2017年、皆様の今年一年のご多幸、お祈り致します。

2017.01.08 | 未分類

年末の空港へ

20161228114729f08.jpg
お世話になっている羽田空港のお店のポートべニールさんへ
ご挨拶に言って来ました。
年末の空港は大混雑ですが、何だかお客さんたちは楽しそうでしたよ。
帽子も綺麗に飾ってもらっています。

2016122811473142a.jpg
店内の様子です。

20161228114733a02.jpg
店内には可愛い商品がいっぱいあります。

20161228114732bb8.jpg
ハリスツィードの商品、冬に欲しくなる生地です。

20161228114735a91.jpg
2ビルのほうのデッキにはついたり消えたりする滑走路のような
ブルーなイルミネーションがちょっと幻想的な雰囲気で、
子供がはしゃいでいましたよ。
空港の中は活気があって熱気もすごくて、結構暑いのですが、
このデッキで少しクールダウンしました。
気持ち良かったです。

20161228114841886.jpg
飛行機も見られましたー、何だかワクワクしますよね〜〜。
また近々にご飯でも食べに行きたいと思います♪

2016.12.28 | 未分類

シザーケース

20161124143906103.jpg
オリジナルで作ってもらいました!ハサミ入れ、です。
鋏は大事な商売道具で刃を剥き出しに置くのには
抵抗を感じます。。。

10年以上手元にあるこの二点は特に大切にしていて
右側の鋏にいたっては製造中止になっていて今は購入できません。
この鋏は小回りがきいて手先の動きがそのまま刃先に通じる様な繊細さが
あります。それにこのサイズで研ぎに出せるという優れものです。

これからも大切に使うからね!と、ケースを握りしめて思いました!
ケースには刺し子までしてもらって、感動です。
ありがとうございました!

2016.11.24 | 未分類

籠染め

20161115175144f0d.jpg
お休みの日に籠染めという染色技法を見に行きました。
今は生産はされていません。
こちらは染色されていた当時の写真です。
突然の訪問でも快く工場を案内していただきました。
本当にありがとうございました。

20161115175046d1b.jpg
籠染めとは真鍮製の筒状の型を使って二つの型の間に生地を送り、
生地の裏表に異なる柄を同時に糊付けして染めることのできる技法だそうです。
日本で最後の一軒だった染め屋さんが今は休業中で、いつ再開できるかわかりません。
これから、貴重な布になると思います。

写真は裏表の柄です。
すごいことに裏表の柄が染み出ることなく綺麗に柄がでています。
この浴衣はもう、手に入らないでしょう。
どこかの問屋さんが、反物で抱えているかもしれませんが、、、

20161115175046494.jpg
日本には注染という技法があります、よく目にするのは手ぬぐいです。
裏表に染まるので今でも浴衣にも使われます。
江戸っ子は裾がめくれた時に裏が染まっていないのは野暮だったようで、
表、裏共に糊おきをした型染めが流行っていましたが、
裏表の染めるのに手間と時間がかかるので効率の良い技術として注染が
生まれたそうです。
江戸時代に籠染めが生まれていたら大ヒット商品だったでしょう。
裏表全く違う柄が染まるのですから。。。

籠染めの裏表染められる技術は昭和に入ってから開発されました。

201611151749488a2.jpg
こちらがその籠(型)です。

2016111517495180e.jpg
この細かさ。日本ってすごい技術を持っていたんですよね。

20161115174950a1a.jpg
この型は天井まで山積みになり、数え切れないほどでした!
柄によっては100反も染められない型もあるそうです。

201611151751465ed.jpg
今は休業中ということでいつか復活してほしいです。
間接照明に型をリメイクして綺麗でした。
技術を継ぐ人もいなくなってこういう素敵な技法が
日本から姿を消していくとしたら残念でなりません。。。

2016.11.15 | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

本日の工房

工房のあれこれです。

帽子・コサージュ・etc…

制作された品々です。