臨時休業・お知らせ


▪︎遠方よりお越しの際はご連絡下さい。

▪︎7/31・8/1はお休みとさせていただきます。
▪︎8/11〜8/15は夏期休業です。

年末の空港へ

20161228114729f08.jpg
お世話になっている羽田空港のお店のポートべニールさんへ
ご挨拶に言って来ました。
年末の空港は大混雑ですが、何だかお客さんたちは楽しそうでしたよ。
帽子も綺麗に飾ってもらっています。

2016122811473142a.jpg
店内の様子です。

20161228114733a02.jpg
店内には可愛い商品がいっぱいあります。

20161228114732bb8.jpg
ハリスツィードの商品、冬に欲しくなる生地です。

20161228114735a91.jpg
2ビルのほうのデッキにはついたり消えたりする滑走路のような
ブルーなイルミネーションがちょっと幻想的な雰囲気で、
子供がはしゃいでいましたよ。
空港の中は活気があって熱気もすごくて、結構暑いのですが、
このデッキで少しクールダウンしました。
気持ち良かったです。

20161228114841886.jpg
飛行機も見られましたー、何だかワクワクしますよね〜〜。
また近々にご飯でも食べに行きたいと思います♪

2016.12.28 | 未分類

シザーケース

20161124143906103.jpg
オリジナルで作ってもらいました!ハサミ入れ、です。
鋏は大事な商売道具で刃を剥き出しに置くのには
抵抗を感じます。。。

10年以上手元にあるこの二点は特に大切にしていて
右側の鋏にいたっては製造中止になっていて今は購入できません。
この鋏は小回りがきいて手先の動きがそのまま刃先に通じる様な繊細さが
あります。それにこのサイズで研ぎに出せるという優れものです。

これからも大切に使うからね!と、ケースを握りしめて思いました!
ケースには刺し子までしてもらって、感動です。
ありがとうございました!

2016.11.24 | 未分類

籠染め

20161115175144f0d.jpg
お休みの日に籠染めという染色技法を見に行きました。
今は生産はされていません。
こちらは染色されていた当時の写真です。
突然の訪問でも快く工場を案内していただきました。
本当にありがとうございました。

20161115175046d1b.jpg
籠染めとは真鍮製の筒状の型を使って二つの型の間に生地を送り、
生地の裏表に異なる柄を同時に糊付けして染めることのできる技法だそうです。
日本で最後の一軒だった染め屋さんが今は休業中で、いつ再開できるかわかりません。
これから、貴重な布になると思います。

写真は裏表の柄です。
すごいことに裏表の柄が染み出ることなく綺麗に柄がでています。
この浴衣はもう、手に入らないでしょう。
どこかの問屋さんが、反物で抱えているかもしれませんが、、、

20161115175046494.jpg
日本には注染という技法があります、よく目にするのは手ぬぐいです。
裏表に染まるので今でも浴衣にも使われます。
江戸っ子は裾がめくれた時に裏が染まっていないのは野暮だったようで、
表、裏共に糊おきをした型染めが流行っていましたが、
裏表の染めるのに手間と時間がかかるので効率の良い技術として注染が
生まれたそうです。
江戸時代に籠染めが生まれていたら大ヒット商品だったでしょう。
裏表全く違う柄が染まるのですから。。。

籠染めの裏表染められる技術は昭和に入ってから開発されました。

201611151749488a2.jpg
こちらがその籠(型)です。

2016111517495180e.jpg
この細かさ。日本ってすごい技術を持っていたんですよね。

20161115174950a1a.jpg
この型は天井まで山積みになり、数え切れないほどでした!
柄によっては100反も染められない型もあるそうです。

201611151751465ed.jpg
今は休業中ということでいつか復活してほしいです。
間接照明に型をリメイクして綺麗でした。
技術を継ぐ人もいなくなってこういう素敵な技法が
日本から姿を消していくとしたら残念でなりません。。。

2016.11.15 | 未分類

冬に向けて

20161107170900381.jpg
冬に向けてのオーダーが入っています!
最後のリボンの掛け部分はお客様と最後に打ち合わせをして決定します。
ビーズや、スワロフスキーをいれてもキラッとしたアクセントになって
良いかもしれません。

飾りでも雰囲気が変化するので面白いです。
仕上がりが楽しみです。

2016.11.07 | 帽子・コサージュ・etc…

秋の展示会に行ってきました〜

201610260854083a4.jpg
手織りの作家さんと、お洋服の作家さんの展示会に行ってきました!
フランスからの買い付けをしているオーナーさんのお店です!
店内に入るとアンティークの雰囲気に手織りの生地、手作りのお洋服が、、、♡
外国にいるみたい‼︎(千葉だけど…)
居心地が良くて長居してしまいました。。。

20161026085410f7f.jpg
私はベレーを作らせてもらいました!
織り作家さんがオーナーさんのお店用に特別に織った生地。
トリコロール、フランスの色合いです〜!
ツィードの糸で織られた三色で、近くで見ると沢山の色彩です。
被られた方たち、とてもお似合いでした。。♡♡

2016102608540518f.jpg
ご自身の織られた布、小さくなっても素敵なものに生まれ変わります。
写真はピンクッションです。下の陶器もご自身で作っています。
物作りへの愛が沢山詰まった展示会でした。

私も少しですがお手伝いさせていただいて、嬉しく思います!

2016.10.26 | 帽子・コサージュ・etc…

木型 ベレー

R0015368.jpg
ベレーの木型です。
年代物です。今では日本で作れる方も殆どいないのではないでしょうか。

海外からの木型は日本の気候に合わないのか木が割れてしまうことが多く
あまり実用的ではありません。
日本では切りたての木をつかうとすぐに割れてしまう場合もあります。

ヨーロッパでも今は作ってないのかなあ。。。

R0015369.jpg
しかも割型!!
形状の関係でベレーは割り型の木型になります。
全部で5片から成り立つ木型です。

昔の職人さんに脱帽です。。。。
大切にしなければっ!

2016.10.21 | 本日の工房

かまた帽子工房 10周年

2016092212381288e.jpeg
10周年を迎えて、11年目です、友人が作ってくれました!
素敵です〜。

2016092212380999f.jpeg
節目の年なのでお世話になっている方たちとお食事会をしました!
写真は、始まる前の様子です。
このような場を設けるか考えましたが、仕切り直すためにも
良かったですし、何より、来ていただいた方たちのお顔が見られて
嬉しい限りでした。

とりあえず、10年。
まだまだですが、この日はちょっと振り返ってみました。

20160922123813753.jpeg
手書きの。嬉しいです。

20160922123811616.jpeg
こちらもお手紙いただきました。

さて、明日からは通常営業!この先も精進します。
沢山のご縁に感謝です!!!!!

来られなかった方たちからも、いろいろと気遣って頂きました。
本当にありがとうございました。

2016.09.22 | 未分類

葉月 朔日

20160901114156ade.jpeg
今日から9月です。
陰暦では8月1日のようです、まだしばらく夏ですね。
今年は暑さが残るのかな〜、と思っています。

写真はくまモンチョコケーキです。
熊本の支援の一環で食から復興の手助けをと活動している方や
シェフの方たちがいます。

このようなイベントは知らなかったのですが誘っていただいて、
行ってきました。
写真はイナムラショウゾウのショコラティエから、くまモンのチョコケーキです。
友人に教えてもらってからすっかりファンで大好きなショコラ専門のお店。
可愛くて濃厚なチョコケーキでした。

今日も地震があり、熊本の方は不安だろうと思います。
九州の知り合いの方や九州にいる親戚にも話は聞くのですが、
逆にこちらが元気をいただいてしまいます。
この日も熊本の美味しいものを沢山いただきました。

201609011141551dc.jpeg
くまモンは動きが早くて、私は残像しか撮れなかったです。。。

2016.09.01 | 未分類

夏の海

201608251841222c3.jpeg
少しお休みがあったので海に行きたくなりました。
久しぶりの海!!

20160825184120a98.jpeg
ここから飛びこむ勇気はありませんが、綺麗!!

201608251840319d6.jpeg
うわー透けてる〜。
と、テンションは上がり、もちろん泳ぎました。
小さなハコフグや、魚の群れや、蛸が!!

近くにもこんなに素敵な海があるなんて感動です。

夏の熱気にやられた体もスッキリ。
凄く元気になりました〜。感謝です。

201608251834148d6.jpeg
もちろんその後は、お風呂に入ってサザエにビールです☆
ああ、いい休日。夏もいいですね〜〜。
もう、あとわずかですが、皆さんも夏を楽しんで下さいね!

2016.08.25 | 未分類

夏帽子〜お直し編

20160818165848a24.jpeg
持ち込みのお直しです。
他店でご購入の帽子ですが、このように紐状の物が縫われているもの、
今年の夏も沢山売られていましたよね。

裏地もないものが多いですし、涼しく被れて夏の必須アイテムです。

他にも麦わら帽子、パナマ帽子などがあるのですが、
縫うタイプ以外編んであるものもあります。

今回の依頼されたお直しは紐状のもの。
この帽子の場合は大体が縫い糸が切れてほどけて、穴が開きます。

20160818165935f66.jpeg
編んであるものは、繊維が切れて穴が開きます。
このタイプの直し方は裏から当て布をして直します。

紐状のものは糸が切れているだけなので、ご家庭でもミシンがあれば直せます。

注意点は糸を引っ張らないことです!

通常このタイプの帽子は1本の糸を鎖のようなループ状に縫っていくミシンを
使用して仕上げられているので引っ張ると糸がどんどんほどけていってしまう
ことがあります。(上糸だけのミシンです)

そうすると穴が広がるので注意です。

☆かまた帽子工房では上糸と下糸があるミシンを使うので一気にほどけることはありません。

201608181659357ba.jpeg
直りました〜。
ほとんどわからないですよね?

せっかく手元にきた帽子、お気に入りのものもありますよね。
直るものも多くありますのでご相談くださいね。
他店のものでもオッケーです!お困りの際にはご連絡いただけたらと思います。

2016.08.18 | 帽子・コサージュ・etc…

«  | ホーム |  »

プロフィール

本日の工房

工房のあれこれです。

帽子・コサージュ・etc…

制作された品々です。